西宮市の阪神甲子園駅より徒歩3分の美容院。安心・安全・癒しの施術と完全マンツーマン対応・完全予約制の美容室。

草木染め(ボタニカルカラー)

画像の説明

1剤(アルカリ染料)と2剤(脱色剤)を混合して化学反応を利用して髪を染めます。
わかりやすく説明すると、脱色(色を抜く作業)と染色(染める作業)を同時しているのです。
勿論の事ですが、頭皮の上でこの化学反応を引き起こすので、頭皮の弱い方がヒリヒリとしみるのは、この化学反応を起こす際に発生するで軽いやけどのような状態なのです。

画像の説明

染めた時より「髪が明るくなった気がする!」と良くお客様からお聞きしますが・・実は、日にちが経過したから明るくなった!のではなく、染めた時点で既に明るく脱色してしまっているのです。そして、シャンプーにより、少しずつ染料が流れ落ち「明るくなった!」ような気がするのです。

ヘアカラーに使用する2剤(脱色剤)は、新生毛(新たに伸びてきた髪)に一度、染色する程度ならパサパサ感ギシギシ感はございませんが、繰り返し何度も何度も既染毛(一度以上染めた後色落ちした部分)を染め続けると、キューティクルが破損されてしまい、内部のタンパク質等がが失われてしまいます。

画像の説明
こうなると、枝毛になってしまったり・・シャンプー後、手ぐしで髪をとかせなくなってしまいます。

画像の説明

このように、美容師が髪を染めるように、新たに伸びてきた部分と、一度染めてしまった毛先とを区別なく染める事を・・繰り返せば繰り返すほど、髪は傷んでしまうのです。

少し前に流行った泡で染めるヘアカラーなどは、根本も毛先も関係なく一緒に染めてしまいますので・・私達としては、とても考えられない発想のヘアカラー(染め方)です。

いかに傷めずに髪を染め上げ、また、お客様の若々しさを引き出すか?を・・私達は真剣に考えています。

画像の説明

当店では・・

[check]施術前に、しっかりと髪や頭皮のお悩みをお聞きいたします
[check]頭皮のコンディションが悪い場合は、その日の施術をお断りさせて頂きます
[check]特に頭皮の弱い方には保護膜を作ってお染めさせて頂きます
[check]髪を傷める(アルカリ濃度の高いヘアカラー)を使用致しません
[check]頭皮がピリピリする原因の脱色剤を一切使用しない白髪染めもご用意しております
[check]シャンプーの際、頭皮に残るカラ―の残留アルカリをしっかりと除去致します

明るくなくてもいいから、白髪をしっかり染めたい方へ

ハーブをベースに染料とタンパク質を配合した新しいタイプの白髪染め染毛料です。アルカリカラーのように2剤(脱色剤)を使用せず、水で溶くタイプのヘアカラーのため、何度染めても髪がパサパサ・ギシギシする事はございません。しなやかな質感でしっかり染めます。

※アルカリカラーではございませんので頭皮に対する刺激はございません。また髪がパサパサ・ギシギシする事もございませんが、白髪をしっかり染めるためにジアミン配合のタイプとジアミンを配合していない2種類用意しています。ジアミンに対するアレルギーのある方は必ずパッチテストをして下さい。
ハーブカラー

白髪を染めながら、ほんのり明るくしたい方へ

根元のリタッチ部分(まだ染めた事のない新しい髪)には、臭いも地肌への刺激も少ない低アルカリのヘアカラーで白髪、黒髪をほんのり明るく染め上げます。

既染部(一度以上染めた後色落ちした部分)には、うこん・きはだ・藍など日本古来の天然染料を使い色落ちした部分を自然なブラウンに染めあげます

画像の説明

※リタッチ部分に使用する染料は低アルカリカラーですので、従来のアルカリカラーのような刺激はございませんが、頭皮の敏感な方にはしみたり、アレルギーを引き起こす可能性がございます。

※市販品や従来のカラー剤よりかは低刺激ですが、頭皮の弱い方は必ずパッチテストが必要です。

髪心和処へのご予約はこちら

西宮、阪神甲子園の白髪染め専門美容室「髪心和処」
今すぐ予約ご希望の方は、こちら





ブックマークとは?
a:6082 t:1 y:3



powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional